ロレックスブログ2020

文字盤にブルーグレーを纏って現代スペックにアップデート

セイコーの本格スポーツウオッチブランド「プロスペックス」より、同社を象徴するダイバーズウオッチのアニバーサリー限定が発売。1965年から1975年までの偉大な3つのヒストリカルモデルをベースに、55周年に相応しいスペックとデザインにアップデートされている。コレクション性も高い、デザイン復刻3部作とな[……]

Read more

ベル&ロスのスマートなブレスレットウオッチ

1991年に“自分たちの理想とする時計”を追求し、カルロス・A・ロシロとブルーノ・ベラミッシュがタッグを組んで創業した「BELL & ROSS(ベル&ロス)」は、瞬く間に世界的な時計ブランドへと成長した。2019年登場の「BR 05」のヒットで話題をさらったが、2020年はクロノグラフバージ[……]

Read more

稀世の「時計師」ものがたり

自叙伝として、90年にわたり機械式時計にかかわってきた筆者の今だから書くことのできる裏話を含めたリアルな話が述べられています。
この内容はとても私がサマライズしてしまえるようなものではないので、是非実際に読んでいただきたいと思います。

ただ、特に興味深かったのは、クオーツ時計偏重によって日本[……]

Read more

プラチナ箔を雪のように舞い散らせた和紙文字板が美しい限定モデル発売

ザ・シチズン誕生25周年記念モデルとして、金沢金箔を施した土佐和紙文字板とデュラテクトゴールドを施したスーパーチタニウムTM製のケースを採用したモデルが、今年3月に発売されていたが(参考→http://www.wshop2345.com/xwqb/)、それに続く第二弾として、今度は土佐和紙文字板にプ[……]

Read more

ヒゲゼンマイを自製するアトカルパ

ケースに使用されるネジは、ケースの主要パーツと共に前述のカドランスで製作されているが、パルミジャーニ・フルリエのムーブメントに使われているエルウィン製ネジは、ジュラ州のアルという広大な農村にあるアトカルパに供給される。

1989年創業のこの会社は、もともとスイス軍向けに機械部品を製造していたが[……]

Read more

精密パーツのスペシャリスト、エルウィン

外装を手掛ける各会社を見た後は、トリック エミスフェール レトログラードを動かしているムーブメント、Cal.PF317に関わる各工房を回っていく。

ベルン州ムーティエにある、長い歴史を誇るマニュファクチュールのエルウィンを訪ねると、パルミジャーニ・フルリエの生産体制が、ムーブメントを構成する小[……]

Read more


Scroll To Top