ロレックスブログ2020

1970年代デザインと人気シリーズの華麗な融合

クッションケースの上下中央から伸びるセンターラグが印象的なミッシェル・エルブランの新型は、創業者が過ごした夏のバカンスのライフスタイルのイメージを時計で表現したもの。マリンスポーツに似合いそうな爽やかなブルーのダイアルに、赤と白のアクセントを加えて、トリコロールカラーに仕上げた。

カーフ+ファ[……]

Read more

磁気耐性がパワーアップ

スマートフォンやパソコンなどが発する磁気の影響によって機械式時計は磁気を帯びてしまい、精度が乱れたり、針が止まってしまうこともある。これを防ぐべく、キャリバー400はシリコン脱進機やアンクルを採用し、ほかにも30以上の非鉄及び耐磁性パーツが使われている。

オリスが満を持して発表した自社製造のキ[……]

Read more

ツインバレル搭載による5日間パワーリザーブ

ユーザーのほとんどが毎日同じ時計を着けていないことに着目し、パワーリザーブを必要十分と思われる5日間としている。これを安定した精度でキープさせるべく、2日半ぶんのパワーを蓄えることができるバレルを2個設置し、合計5日間パワーリザーブとした。

キャリバー400を搭載するコレクションは、メーカー推[……]

Read more


Scroll To Top