ロレックスブログ2020

アテネの時計が羽ばたける「綺蝶」に限定腕時計が

文字盤は色鮮やかなブルーを基調に、蝶は翼に1粒の莓の実を象眼し、そして5粒重3 . 8カラットのダイヤモンド;コーディネート18プラチナのケースは、この「綺蝶たい」限定表が手放せない。文字盤の蝶のパターンは、内にエナメルアートを作成し、アテネのマスター級芸。
ホーロー技術の成功のカギは特別な処理と。ひとつの厚い金属表面する凹の下部にある、湿ったエナメル粉末を記入後焼き、トップクラスの職人を経て巧みな手作りみがき処理、余分なエナメル除外、エナメル既存の色と光沢を放つ。堅固な金属フレームラインは蝶の繊細な外観を描き出し、全体の文字盤を生き生きとし、きらきらと輝く、際立つというエナメル芸術の精密無遺。
「綺蝶は蝶」の限定的な構図と目としても魅力的な構図として、絶対的な愛に適している。


Scroll To Top