ロレックスブログ2020

オメガ機械表は外観から真偽をどのように判断しますか?

オメガから(Omega)機械表表音
オメガ(Omega)機械式時計に足バネ後、耳で聞いて表音は、はっきり均整無雑音、そして方向に従って変化する。
オメガから(Omega)機械表外観
目測オメガ(Omega)機械表の殻、顔、針、無「トラコーマ」、多少の傷、めっき光、無収差を回って、後は合目は厳密。
オメガから(Omega)機械表ダイヤル針
オメガ(Omega)機械を針の手表と快適、アルバイトや松は不振。オメガ表(Omega)時分針指示は協調時、分、秒3針を相互に触れない。
オメガから(Omega)機械表上の条
オメガから(Omega)機械表上条の手と楽で、無雑音。自動時計の上には、滑り現象の外、一般的なティソ時計バネは足を上にし、スリップしない。
オメガから(Omega)機械起動性能表
オメガ(Omega)機械表ゆっくりと回転上条柄にバネを観察しながら秒針を起動、一般秒針上条の回転数が少ないほど、このオメガ表(Omega)の起動性能が良い。
オメガから(Omega)機械表時精度
オメガ(Omega)機械表する専用機器を測って、いくつかの大型国営商店有為顧客代測業務、購入時には店員に検出オメガ腕時計(Omega)反省の精度や位置誤差。


Scroll To Top