ロレックスブログ2020

オーデマ ピゲ|新作情報!SIHH 2016 ジュネーブサロン

源でもあったイエローゴールドを再び舞台に上げた。そして、まったく新しいタイムピースでは2015年のプロトタイプを経て正式に『ロイヤル オーク コンセプト・スーパーソヌリ』を発表。高度な音響効果、クリアで美しい安定した音色をもったミニッツリピーターで、3つの新しい特許取得の技術によりソヌリの音色に関する研究開発技術的帰結点に達したモデルも発表し、オーデマ ピゲの独立性を保った姿勢と技術の粋が際立っていた。

イエローゴールドの帰還
ロイヤル オーク イエローゴールド

1972年に発表されたロイヤル オークは、当時一般的であったゴールドではなく、ステンレススティールを採用することによってブレイクしたラグジュアリースポーツウォッチ。貴金属であるゴールドから、より一般的で新しいスティールへと劇的な転換を行ったことは、当時のライフスタイルがどのようにアクティブでダイナミックなものになろうとしているかという事に対して先見の明があったともいえる。

そして今年2016年、オーデマ ピゲは独自の道を歩みつつ、ラグジュアリー・ウォッチメイキングの最も根本的な素材、富と力の象徴であるだけでなく、その源でもあった“イエローゴールド”を再び舞台に上げた。


Scroll To Top