ロレックスブログ2020

ミキモト・クオリティを支える匠の技

パールをはじめとした素材品質へのこだわりにおけるミキモトの姿勢は、創始者 御木本幸吉がそうであったように、あくなき追求のなかにある。妥協を許さぬ厳しさと最上級であることの誇りこそ、世界から寄せられる信頼の所以である。その姿勢は技術面においても同様だ。日本初となる本格的な装身具加工工場「御木本金細工工場」を創設した1907年から今日に至るまで、第二次世界大戦や関東大震災など、幾多の困難に見舞われるも絶やすことなく受け継がれてきた職人の技もまた、ミキモトを支える重要なファクターである。

それは贅沢な1点もののハイジュエリーに限らず、ブライダルジュエリーやデイリーづかいのジュエリーでも見ることができる。世界が認めるミキモト・クオリティを支えるのは、商品レンジに限らず妥協を許さない、まさに“職人気質”といえる製品作りの姿勢にある。オウプナーズでは、そんなミキモトの製品づくりの現場に潜入。手書きのデザイン画からひとつの製品が完成するまでに密着した。


Scroll To Top