ロレックスブログ2020

腕時計の芯にはいくつかの種類があります

現在、時計のコアは手動上のコア、自動上のコア、石英コアの3種類に分けられており、その中で手動上のコアは最も古い機械のコアのスプリングが「人為的な推定」を通過しなければならず、15世紀に懐中時計に登場した。着用者は手作業で時計の冠の髪の時計を回してこそ正常に歩くことができ、一般的には24時間前に一度髪を出す。今でもほとんどの高級ブランドで使われていますが、これはより多くの着用者が忘れてしまう「上弦」であり、「捨てるのをやめた」自分の時間です。
腕時計の芯にはメーの種類レプリカ時計がございます
自動ヘアピンムーブメントは腕時計の動きで1本、1つの家を置くことで回転し、時計のフィラメントでゆっくりと引き締め、時計も「自分で回転する」効果を実現します。自動ヘアピンコアは現在多くの機械時計で選択されており、毎日つけている限り作らなくてもいいが、運動に伴って均一に引き締められたフィラメントは歩く時の正確性に鋭くなっている。石英コアはW.Aマッソンが20年代に製造したもので、その還元管は振動していない放輪をビートとして、石英発振器があり、電気エネルギー(電池)を通じて振動している。石英コアの時計は安価なコスト、極めて高い走行精度、より多くの付加機能を持っているため、時計の購入の第一選択となっている。


Scroll To Top