ロレックスブログ2020

2万円前後、「スーパー毒」の青い鋼の針時計がおすすめ

「青い鋼の針」という言葉を初めて聞いたとき、時計は青い時計の針を採用していると思ったのを覚えています。しかし、これは半分しか理解されていません。実際、「青鋼」は時計の針の焼成技術を指しています。ステンレスの針は加熱、酸化、焼入れなどの一連のステップを経て、最終的に特殊な青を「焼く」ことを指しています。針が均一な青になるのは容易なことではなく、時間や温度などを正確に判断する必要があるため、青鋼の針は時計の色値を高めるだけでなく、ブランドの時計技術の試練でもある。この文章では、3つの青鋼の針時計を見ることができます。国内の公価は2万状元ぐらいです。


Scroll To Top