ロレックスブログ2020

ムーンフェイズやカレンダー、セミスケルトンを巧みにレイアウト

オリエントスターは、オリエントの上位ブランドとして1951年に初登場し、現在ではクラシック、コンテンポラリー、スポーツの3コレクションから構成されている。今回取り上げる新作は、これまでクラシックで展開してきた「メカニカルムーンフェイズ」を、コンテンポラリーに変換した意欲的なモデルで、デザインや機能をいちから作り直した。

コンセプトは“地球から見た月”。宇宙の広がりを思わせる放射模様を施したダイアルの6時位置のムーンフェイズ(月齢表示)を月とし、その向こうに見える9時位置のセミスケルトンを地球に見立てている。そして小窓から覗くことができるムーブメントのテンプの動きで地球の生命観を表すなど、テーマに基づいたこだわりのデザインを取り入れた。


Scroll To Top