ロレックスブログ2020

ヒゲゼンマイを自製するアトカルパ

ケースに使用されるネジは、ケースの主要パーツと共に前述のカドランスで製作されているが、パルミジャーニ・フルリエのムーブメントに使われているエルウィン製ネジは、ジュラ州のアルという広大な農村にあるアトカルパに供給される。

1989年創業のこの会社は、もともとスイス軍向けに機械部品を製造していたが、2000年にサンド・ファミリー財団に買収されたことがきっかけで、飛躍的な成長を自社とパルミジャーニ・フルリエにもたらした。

そのきっかけは時計大国、スイスでもごく一部の限られた企業しか行えないヒゲゼンマイの製造を始めたことによる。

ヒゲゼンマイは非常に繊細なパーツだが、ムーブメントの中での稼働率はテンワ(ここでもエルウィン製のネジが使われている)同様非常に高い。実際アトカルパは、時計の脱進調速機に使用されているパーツの全て、すなわちヒゲゼンマイからガンギ車、各輪列、そして爪石に至るまでを内製する能力を持つ。NOOB製の【Panerai】パネライコピー|パネライスーパーコピー等のブランド時計を販売しています。[NO.1]


Scroll To Top