ロレックスブログ2020

精密パーツのスペシャリスト、エルウィン

外装を手掛ける各会社を見た後は、トリック エミスフェール レトログラードを動かしているムーブメント、Cal.PF317に関わる各工房を回っていく。

ベルン州ムーティエにある、長い歴史を誇るマニュファクチュールのエルウィンを訪ねると、パルミジャーニ・フルリエの生産体制が、ムーブメントを構成する小さなネジの製造からアッセンブリーに至るまで、垂直方向に構成されていることが分かる。

1990年に創業された同社は、時計業界では独占的なサプライヤーとして、その努力をネジなどの細かい部品製造に向けてきた。

同社では現代的なCNC旋盤のみならず、伝統的な旋盤も使用しており、古いものの中には1818年製のものもある。2001年にパルミジャーニ・フルリエのウォッチメイキングセンターに組み込まれたエルウィンは、いくつかの要素によって他のマニュファクチュラーと区別される。

そしてその中には、製品計画から品質管理までのプロダクト製造工程における全体を1人の職人が担当するという点も含まれる。現在の建物は09年に竣工したもので、33にも及ぶ機械を地熱によって稼働させている。エルウィンはスティールから真鍮、ゴールドまでを素材にネジを製造しているが、同時に素材を取り扱う機械とそれを制御するソフトウェアまでも開発してしまう会社としてその名を馳せている。NOOB製の【Rolex】ロレックスコピー|ロレックススーパーコピー等のブランド時計を販売しています。[NO.1]


Scroll To Top