ロレックスブログ2020

辣腕独立時計師ならではのこだわり

独立時計師アカデミーのメンバーでもある浅岡肇氏が、機械式時計の“入門機”として2018年に立ち上げたブランド。“入門”と言いながら、浅岡氏自身が普段使いできることも意識した、こだわりが随所に見られる。3針に続き、クロノグラフの登場も待たれる。

【WATCHNAVI Salonからひと言】
独立時計師ならではの視点で、量産モデルを企画・設計。分かっている人が作るモデルは、凡百の量産モデルとは一線を画す。生産数が限られており、入手は困難。スーパーコピー時計専門店、レプリカ時計の全商品10%OFF、どうぞ弊店へようこそ!


Scroll To Top