ロレックスブログ2020

ビジネスシーンにも映えるスタイリッシュなデザイン

オリエントスターのひとつの“持ち味”となっているのが、オープンワークダイアルである。機械式ムーブメントの精度を司るテンプの動きを、文字盤上の小窓から鑑賞できる特殊ディテールのことで、新作「コンテンポラリー モダンスケルトン」もこの遊び心ある機能が取り入れられている。2枚構造で奥行き感のあるダイアルは、テンプが顔を覗かせる9時位置のほかに歯車輪列が見える位置にも開口部が設けられている。


Scroll To Top