ロレックスブログ2020

2020新作 ザクセン高級時計産業誕生175周年を記念する限定エディション

A.ランゲ&ゾーネが、フェルディナント・アドルフ・ランゲがザクセン高級時計産業の礎となった時計工房を設立してから175年目を祝し、特別モデル「1815 フラッハ・ハニーゴールド “F. A.ランゲへのオマージュ”」を製作します。この二針時計は製作数175本の限定版で、ランゲが専用使用権を有する素材ハニーゴールド製ケースに、ホワイトエナメル仕上げのダイアルと特別な装飾模様で仕上げたムーブメントが収められています。

1845年12月7日は、山間の小さな町グラスヒュッテの歴史を大きく変えることになった日です。この日、30歳のフェルディナント・アドルフ・ランゲが、ドレスデン南方のかつて鉱業で繁栄したこの地に初めての懐中時計工房を開業し、ザクセン高級時計産業の礎を築いたのです。それを記念して、A.ランゲ&ゾーネがモデル名に“F. A.ランゲへのオマージュ”の名を持つ「1815 ラトラパント・ハニーゴールド」、「トゥールボグラフ・パーペチュアル・ハニーゴールド」、そして「1815 フラッハ・ハニーゴールド」の3モデルを限定エディションとして展開します。これら3モデルはいずれも、フェルディナント・アドルフ・ランゲの誕生年にちなんで名付けられた1815 ファミリーのメンバーです。


Scroll To Top