ロレックスブログ2020

LonginesクラシックレプリカシリーズL2.813.4.66.0時計

ロンジンのクラシックレプリカシリーズは、ロンジンの時計製造のパイオニア精神への深い賛辞です。 2017年に発売されたこの時計は、1945年にロンジンが製作した時計ファンの「カラトラバ」という時計に着想を得ており、185年の歴史を持つ時計製造の伝統に敬意を表することを目的としています。 時計の直径は40mmで、ステンレス鋼でできています。 ブラッシュドブロンズの文字盤はとてもヴィンテージです。 Longines L609自動巻きムーブメントを搭載し、パワーリザーブは42時間に達することができます。


Scroll To Top