ロレックスブログ2020

言葉にできない想いを贈る、身に着けるラブレター

1994年に国内初のブライダルダイヤモンド専門店として誕生した銀座ダイヤモンドシライシ。最高レベルのエクセレントカットのダイヤモンドのみを使用し、カットの正確なバランスはもちろんのこと、立体的なプロポーションの美しさを追求、「どんな場面でどこから見ても美しいダイヤモンド」を実現。永遠の愛を誓うふたりの幸福の瞬間をカタチにしている。

 そんな銀座ダイヤモンドシライシから、大切なひとに想いを伝える「ラブレタージュエリー」が登場。ひとつひとつのチャームにはモチーフにちなんだメッセージが込められており、たとえば、てんとう虫のチャームには「Be happy together.(これからも幸せでいようね)」や、数字の3と9がモチーフになったチャームには「Thank you(39)honey.(いつもありがとう)」、ほかにも「Hug&Kiss(大好きだよ)」「Heart(いつまでも愛している)」、記念日を刻印できるカレンダーチャームなど、全17種類ものチャームが用意されている。
パートナーをはじめ、親や子ども、友人へのプレゼントにしたり、記念日ごとに種類を増やし、重ねづけやファッションや気分に合わせてチャームを楽しむこともできる「ラブレタージュエリー」。普段は照れくさくてなかなか言えない素直な気持ちをジュエリーに託して──大好きなあのひとに贈りたい言葉、大好きなあのひとからもらいたい言葉。ふたりの想いを身に着ける、まさにロマンティックなクリスマスにぴったりのジュエリーといえる。

また、銀座ダイヤモンドシライシでは11月3日(土)からクリスマスフェアを開催。婚約指輪や結婚指輪をお探しの方必見! 期間中に成約すると、プリザーブドフラワーにチャームが付き、そのままアクセサリーとしても楽しめる「ラブレターフラワーBOX」がプレゼントされるほか、エンゲージリングやマリッジリングなども特別価格に。ファッションジュエリーも15パーセントオフの価格にて提供されるという。


Scroll To Top