ロレックスブログ2020

モバードミュージアムシリーズ0606088

博物館のデジタルではない文字盤は、正午の太陽の位置を象徴し、針は動いている地球を表しており、地球が太陽の周りを公転するように時間が経過します。 時計はスイス製クォーツムーブメントを採用しており、速度と構造が安定しているため、時刻がより正確になり、精度と信頼性が長期間持続します。 ケースは316L金メッキのステンレス鋼製で、耐久性があり快適です。PVD研磨後は、電気メッキよりも耐摩耗性と耐スクラッチ性が高くなり、時計の耐久性が向上します。 時計はデザインの意味合いから時計職人の職人技まで完璧であると言えるでしょう。


Scroll To Top