ロレックスブログ2020

非常にモダンなスタイル、味わうエルメスカレH時計

2018年のジュネーブウォッチフェアで、エルメスはマークベルティエがデザインしたスクエアウォッチを発表しました。これは非常にモダンなスタイルで、一目ではっきりと読める特性を実現するように注意深く設計されています。この時計はダークグレーの文字盤とブラックの文字盤の2色に分かれていますが、今日ではこのダークグレーの時計を例にして、一緒に楽しみましょう。

この正方形の時計の文字盤のサイズは38×38 mmで、ラグ間の内側の距離は21 mmです。デザイナーは独創的な光の効果をうまく利用し、磨かれた粒子ブラスト処理をステンレス鋼のケースに適用します。ギョーシェダイヤルは直角に配置されています。さらに、時計には細かいファセットの針とアラビア数字が装備されています。ダークグレーの文字盤の中央はパール光沢のあるギョーシェ模様で、アワーマークの円は粒子が粗く、周辺は放射状パターンです。ロジウムメッキのアラビア数字、時間マーカー、時針と分針はすべてSuper-LumiNova®で処理されており、夜間でも読みやすくなっています。黄色の秒針も文字盤に美しさを追加します。文字盤全体がとてもスタイリッシュで個性的に見えます。最後に、ユニークなデジタルフォントデザイン(1桁の前に「0」を追加)は、時計に新しい美的バランスを追加します。


Scroll To Top