ロレックスブログ2020

最新のクラシック・ドレスウォッチが発売開始

オメガには1949年に登場し、60年代まで使用されていた“30㎜キャリバー”と呼ばれる名作ムーブメントがある。これは当時のクロノメーターコンクールにおける審査対象の最大径が30㎜であったため、そのレギュレーションいっぱいを使い、高い精度を追及したムーブメントの総称だ。その30㎜キャリバーが多く搭載されたモデルが、同じく1949年発表のドレスウォッチ、トレゾア コレクションである。

それから70年。現在もシンプルなクラシック・ウォッチとして人気の高い『デ・ヴィル トレゾア』に、新作のメンズモデルが登場した。常に進化をしてきたトレゾアだが、今回発表となったこのモデルは、40㎜のケースに新しいコーアクシャル マスター クロノメーター ムーブメントを搭載。往年のキャリバーの精神を受け継ぐがごとく、メカ好きにうれしい“手巻き式”となっている。


Scroll To Top