ロレックスブログ2020

4世紀におよぶ時計製造へ敬意を捧げるタイムピース

1685年、カトリック教徒からの迫害を恐れたプロテスタント系の時計職人が、フランスからスイス北部のジュラ山脈近くのレ・ヴォベールという寒村に移り住み、時計づくりをはじめたことにルーツをもつエドックス。そんな足掛け4世紀にもわたるスイスの時計づくりの伝統を凝縮し、時代を超えたタイムレスなエドックスのクラシカルラインが発売された。

お目見えしたのは、テンプだけではなく各針の動きを制御する歯車まで見ることができる、開口部の大きなオープンハートデザインがアクセントの「レ・ヴォベール オープン ハート オートマチック」をはじめ、日付と曜日が表示される「レ・ヴォベール デイデイト オートマチック」、クロノグラフの「レ・ヴォベール クロノグラフ オートマチック」など全10種類。


Scroll To Top