ロレックスブログ2020

4度目のワールドレコードが証明する技術力の凄まじさ

2014年の世界最薄トゥールビヨンを皮切りに、2016年の世界最薄ミニッツリピーター、2017年の世界最薄自動巻きムーブメントと続き、2018年は世界最薄の自動巻きトゥールビヨンを発表。4度目となるこのワールドレコードや、薄型ラインのオクト フィニッシモの充実ぶりは、ブルガリの優れた時計製造技術の証明に他ならない。また、今年はレディスウオッチ製造100周年でもあり、レディスのルチェアから多彩な新作が登場した。


Scroll To Top