ロレックスブログ2020

ロレックスはRolex探検家II腕時計を発売しました。冒険家のための時計です。

どんなにベテランの冒険家にとっても、彼らは野外で生き延びるためには何らかの特殊な装備が必要だと信じています。機能がそろっていて、丈夫で耐久性の高い腕時計は、冒険者には欠かせない装備です。1970年代初め、ロレックスは冒険に熱中していた専門家に対して、最初の探検家タイプの腕時計を発表しました。当時のモデルはRef.1165でした。しかし、後に発表されたロレックス探検家タイプの世代と二世代に対しては、性能や配置の面では比較にならない。2011年のスイス時計展示会では、ロレックスが新たな探検家タイプの二代目腕時計を発表しました。
この腕時計は初めての探検家タイプのデザインスタイルに続き、中央ポインタはオレンジ色のデザイン要素を採用しています。時計の直径は前の40 mmから42 mmに拡大されています。装着者が読む時により明確で正確になり、GMTという2つの機能を備えています。冒険家たちが異なる場所の時間を観察するのに便利です。デザインは完全に伝統的なロレックスのすべての経典元素を備えていると言えます。レトロなオレンジ色のGMT指針が特に古典的で、白い文字盤がきれいで、黒い辺の針がはっきりしていて、リングが堅固で実用的です。
運動の要素の中には上品な雰囲気が漂っています。探二は何にでも合う腕時計です。腕時計はクラシカルなカキ製のケースを採用していますが、オレンジ色の24時間GMT針を採用し、表冠で操作するのが最大の特徴です。時計の針は依然として経典のベンツのアイコンを採用して設計して、白色の盤面は黒い針を組み合わせて、身につける者に読む時更に精確ではっきりしているようにします。
ドーナツのタイプは固定不可回転式で、ロレックスのダイバー型シリーズの一方向回転陶磁器のドーナツと違って、探検家の二代表的なリングの材質は精密鋼で作られています。品質はもっと硬くて、陶磁器よりも調和的に腕時計と一体化しています。また、サファイアガラスのレンズを配置し、より全面的に文字盤を保護し、腕時計の寿命を大きくしました。


Scroll To Top