ロレックスブログ2020

酸いも辛いも噛み分けた大人が乗るショート・プレミアム

クルマを着る、という言い方があるが、これは通常、スポーツカーのように自分の身体感覚と近い操縦性を持ったクルマのこと。でも、もうひとつ、自分を主張する道具として「クルマを着る」という表現を使ってもいいかもしれない。ファッションや腕時計が、時と場所と状況に合わせて自分を表現する最適の道具だとしたら、クルマだって自己表現の道具であってよい。酸いも辛いも噛み分けた大人が、「ショート・プレミアム」という価値感で創られたブレイドに乗る。それこそがカッコいい大人しくない大人の選択なのだと、森岡弘さんの話から結論を引き出すことができた。


Scroll To Top