ロレックスブログ2020

アップル腕時計はこの8種類の人のために作られたものです。

長い間の渇望と待ち時間を経て、初めての幸運な取引先はついにアップルのスマート腕時計Apple Watchを自分の腕に縛りました。Apple Watchをつけて初日、多くの人が興奮し、驚き、目がくらみます。しかし、情熱が急速に衰えるにつれて、人々はApple Watchに対してより現実的な理解を持ち始めました。この腕時計はどのように生活に溶け込みますか?
最近、外部メディアは整理を通じて、8種類のApple Watchの潜在ユーザーをリストしました。
1.初物を食べる人
キャンプで夜を明かしても新商品を買うのを待つ人たちにとっては、新技術自体には多くの楽しみがあります。もし探索の設定と機能の過程で興奮体験を得ることができれば、Apple Watchは彼らに倍満足させます。技術を知っていて、アップルのスマート腕時計の様々な欠陥に悩まされていないなら、Apple Watchを買うことができます。もちろんレンタルもできます。
2.スタミナ
Apple Watchに対する最初のコメントは科学技術記者から来ました。彼らはテーブルのそばに座る時間が多く、スマートフォンは遠くないところに置いています。常にあなたに立ち上がって活動するように注意する以外、Apple Watchは科学技術記者の手の中ではほとんど役に立ちません。しかし、忙しい一日を過ごしている人にとって、Apple Watchはキラー級の設備です。厳格な編集・選別を経た通知は、テーブルのそばで、ボーリング場で仕事をしたり、授業を受けたり、病気を治療したりする人にとって、とても役に立ちます。会社はカスタマイズアプリを開発して、自分の従業員を追跡して助けることもできます。
3.両親
子供がいます。本当に体力作りです。自分が携帯を見すぎて、子供の気持ちを無視していることに気づいたら、罪悪感を感じることもあります。スマート腕時計はすべてをこなす潜在力を持っています。子供を抱いたり、ブランコを押したり、子供の後を追いかけて掃除したりするなど、両手が忙しくなると、ボタンを押すだけで電話をかけたり、メールを速く読んだりできます。スクリーンを使う時間を減らす試みをすれば、iPhoneから目を離すこともできます。


Scroll To Top