ロレックスブログ2020

より近代的で精度も高い小型脱進機

14〜18世紀頃の機械式時計では、そのムーブメント中枢部が、現在のように円形テンプ、アンクル、ガンギ車で構成されるのではなく、棒状のテンプに“バージ”と呼ばれる冠型の歯車が噛み合うことで調速・脱進を行っていた。これに対し、円形テンプ、ガンギ車、シリンダーを備え、より現行のスタイルに近い「シリンダー脱進機」を発明したのがトーマス・トンピオンだ。
新たなシリンダー式の脱進機は、12枚の歯をもつガンギ車が、テンプの軸に配したシリンダーの回転運動により、ストップ&ゴーを繰り返しながら一定速度で回転し続ける仕組みとなる。それ以前のバージ式よりも安定した精度と携帯可能なコンパクトさを実現し、のちにアンクル式脱進機が登場するまでのスタンダードとなった。この脱進システムは、1695年にトンピオンによって発案され、弟子のジョージ・グラハムが1720年頃に完成。どちらも後世に名を残す、2人の英国人時計師の連携が生んだ賜物といえよう。

ロレックススーパーコピー等のスーパーコピー腕時計の通販です。弊店はNoob製の最高級のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、2年品質無料保証します。全サイト15%OFFキャンペーン実施中です。お問い合わせ:050-4560-1435 斉藤 幸宏http://www.bestwatchmall.com/


Scroll To Top