ロレックスブログ2020

1660年 ロバート・フックがひげゼンマイの原理となる弾性の法則を発明

テンプの中央に取り付けられ、一定の速度で往復運動を行い、時計に精度をもたらすひげゼンマイ。この非常に繊細な螺旋状のパーツは、17世紀の英国人物理学者・時計師ロバート・フックが発案した「弾性の法則(フックの法則)」に基づいて開発されたものである。
フックはクリスチャン・ホイヘンスらが発明した振り子時計に興味を抱き、重力と計時機構の研究を進めるなかで、1660年、弾性をもつバネの伸びに対して張力が比例するという法則を発見。その法則をもとにゼンマイバネを使った懐中時計も製作した。ところがフックは、これに関する特許は取得せず、発明をそのままにしておいたことで巨額の富を得る機会を逃してしまう。
結局、1675年にホイヘンスがゼンマイ時計の特許を取得し、記録上はホイヘンスの発明ということになった。
振り子の仕組みを大幅に縮小し、のちにひげゼンマイに進化するこのゼンマイ機構がなければ、時計の小型化および高精度化は実現しなかっただろう。

当店は3日間出荷して、主要営業のウブロコピー、ロレックスコピー、ガガミラノスーパーコピーブランド時計コピー、会場の10%OFFします。緊急連絡先: bestwatch2020@163.com


Scroll To Top