ロレックスブログ2020

いくつもの革新を成し遂げた、時計界最後のカリスマ

大きな体に大きな声。ガハハと笑い、オーバーリアクションで相手を自分のペースに巻きこむ……。

現在ウブロの会長を務めているジャン-クロード・ビバー(以下ビバー)は、時計業界にいる人なら知らぬ人はいないという有名人だ。

彼は「スイス時計界の救世主」あるいは「マーケティングの天才」と呼ばれている。それは彼がいくつもの挑戦を成し遂げてきたからだ。

ひとつは1983年に実現させた、時計メーカー「ブランパン」の復興。1735年に創業したスイス屈指の老舗メーカーであるブランパンだが、経営難や後継者問題もあったのだろう。ある時期から休眠状態に陥っていた。それを復興させたのがビバーだった。

彼はブランパンを復興させる際に「すべての時計に機械式ムーブメントを搭載する」ことを宣言する。今では珍しくもないが、83年当時は高精度で大量生産に向いたクオーツ式ムーブメントの全盛期。製作工程が複雑で、しかも精度がそれほど高いわけではない機械式ムーブメントは、完全に前時代の遺物だと見なされていた。

しかしビバーには明確なビジョンがあった。

クオーツ式ムーブメントはテクノロジーの産物である。しかしテクノロジーは常に進化しなくてはいけない。つまり現段階でいくら優れたテクノロジーであっても、50年後には時代遅れになってしまうだろう。フロッピーディスクやカセットテープだってそうだった。やがて使いものにならなくなるモノには、誰も大金を投じてくれないだろう。

しかし機械式ムーブメントであれば、ほぼ確実に直せる。ビバーは機械式ムーブメントに“芸術性”を見出した。愛され、修理され、人から人へと受け継がれることで、価値が永遠に残るのだ。

ビバーの戦略は、残念ながら時計業界からも賛同を得られなかった。ところが結果はどうだろうか。ブランパンは大成功を収め、これをきっかけに機械式時計さえも復権することになる。

ロレックススーパーコピー等のスーパーコピー腕時計の通販です。弊店はNoob製の最高級のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、2年品質無料保証します。全サイト15%OFFキャンペーン実施中です。お問い合わせ:050-4560-1435 斉藤 幸宏


Scroll To Top