ロレックスブログ2020

マイケル・フェルプス、チャド・レクローなどスター選手が一堂に会す

連日盛り上がりを見せるオリンピック リオデジャネイロ大会の熱気もそのままに、スーパーコピー時計「オメガハウス」では、8月15日(⽉)の夜、イベント『スイミング レジェンド』が開催された。プールでの健闘の余韻が冷めやらぬうちに、マイケル・フェルプスとチャド・レクロー、さらに、もう⼀⼈のオメガブランドアンバサダー、歴史に名を刻んだ短距離⾃由形の名選⼿アレクサンドル・ポポフも加えたスペシャルゲストが登場。フェルプスとレクローはともに、オリンピック リオデジャネイロ⼤会において、メダルを獲得したのは記憶に新しい。フェルプスは今⼤会で5つの⾦メダルと1つの銀メダルを獲得し、⽣涯獲得メダル28 個、その中で⾦メダルは23 個という驚異的なメダル獲得数を誇る。フェルプスはゲストに対して「最⾼の形で引退する事ができます。これが最後のオリンピックなのだと、つくづく感じています。今回のリオのレースがキャリアの最終レースだ、そんな事を考えていたら、感傷的になりました」と、リオでの体験を語った。フェルプスの競技を会場で⾒守っていた彼の妻ニコールと息⼦のブーマーも、共にオメガハウスに姿を⾒せ、フェルプスは笑顔を浮かべながら、⽗親になった事が彼の競泳⼈⽣に与えた影響について「⽗親になれたことは何よりも最⾼のことです。今回のオリンピック リオデジャネイロ⼤会にはアメリカ代表チームのキャプテンとして参加しましたが、⽗親のように他の選⼿に接する機会が多かったように思います」と振り返った。


Scroll To Top