ロレックスブログ2020

カルティエ現代美術財団が上海で開催する「石上純也―

2018年、カルティエ現代美術財団は、日本の若き建築家石上純也の初となる大規模な個展を開催した。この個展は大成功を収め、フランス国内外の専門家や一般来場者から好評を博し、英国紙「ガーディアン」では2018年最大の建築関連イベントと評され、2019年ミラノデザインプライズの展覧会デザイン部門では金賞を受賞。この展覧会の世界巡回展の第一弾が、2019年7月18日から10月7日まで、上海にて上海当代芸術博物館(PSA)の全面協力を得て開催されている。

カルティエ現代美術財団が上海のPSAで開催する「石上純也―Feeling Architecture(自由な建築)」は、石上が中国で開催する初の展覧会となる。中国では石上による複数の大規模プロジェクトが既に進行中だ。展覧会では、石上がアジアやヨーロッパで手掛けた建築作品20点の大型模型に加え、それらの作品の構想・建設過程の各段階を記録した映像やスケッチが展示される。昨年の展覧会のセノグラフィーは、パリにあるカルティエ現代美術財団の開放感に溢れたガラスの建物に合わせてデザインされたものだったが、今回は上海当代芸術博物館の巨大な空間に合わせ、石上純也の手によって完全に作り替えられた。

2019最高級Nランクのウブロスーパーコピー通販です。当店のウブロコピーは、工場直売ですので、御売価格にて高品質な商品を御提供致しております。お問合せは担当 細田。


Scroll To Top