ロレックスブログ2020

似て非なる意匠。レギュラーモデルとの選択に迷う

左の「ホイヤー モナコ 1989–1999 リミテッドモデル」は、グレーのグレインダイヤルにレッドのエレメントがアクセント。今までにないアバンギャルドな攻めたデザインといえます。一方、右のレギュラーモデル「ホイヤー モナコ キャリバー11 クロノグラフ」(Ref.CAW211P.FC6356/68万400円)は、伝説的なファーストモデルのカラーを再現したレトロチックな一本。ともにオリジンを現代に伝える左リューズを備え、正方形の2インダイアル、ワイドに広がったバーインデックスといった伝統のスタイルを踏襲しています。今しか買えないアニバーサリーか、ルーツを色濃く残すレギュラーか。非常に迷う、究極の選択といえるでしょう。

第1弾のダイアルはグリーンのコート・ド・ジュネーブ、第2第は深いレッド、そして本作第3弾はグレーグレイン。全面にきめ細かなロジウムコーティングを施し、ブルーの目盛りのサブダイアル内にサンドブラスト加工をして、ロジウムメッキのインデックスと併せることで立体感を創出。ステンレススチールケースは縦横39mm。100m防水。世界限定169本で、タグ・ホイヤー直営店と公式オンラインブティックで順次販売予定

2019最高級Nランクの パネライスーパーコピー通販です。当店の パネライコピーは、工場直売ですので、御売価格にて高品質な商品を御提供致しております。お問合せは担当 細田。


Scroll To Top