ロレックスブログ2020

スマートウォッチは「ポスト・スマホ」の地位を確立

iPhoneと連携できるスマートウォッチ「Apple Watch」が発売されてから約1年が経過した。それ以前にもAndroid搭載スマートフォンと連携可能な「Android Wear」が市場に流通していたが、アップルが満を持して投入したApple Watchは発売当時、多くのメディアにも取り上げられ、広く一般にスマートウォッチ、身体に装着するデバイス=ウェアラブルデバイスという存在を身近なものにした。

◎編集部イチ押し関連記事
» 熟練作業をデジタル化、スマートウォッチを活用した作業動態分析ソリューション
» 2024年、産業用ドローン市場は2270億円規模に
» 2016年はどうなる? 国内モバイルデバイス市場を予測
従来の腕時計と比較した場合、“バッテリーの持ち(駆動時間)”や“耐用年数”などの課題もあるが、スマートフォンの通知を表示したり、スマートフォンの機能やアプリを呼び出したりなど、スマートフォンと連携した新たな利用シーンが生まれ、業務での利用についてもさまざまな研究開発、実証実験が行われている。


Scroll To Top