ロレックスブログ2020

IDCレポートは、今後数年間のスマート腕時計の増加を見込んでいる。

IDCが初めて発表した統計によると、今年の第1四半期は、アップルがApple Watchで1位となり、出荷は同13.5%伸びた。小米は第二位で、Fit bitは第三位です。今年の全体データと将来の発展状況についても、IDCは新しい報告書を発表しています。
報告によると、今年の全世界の着用可能設備の総出荷は1.249億元に達し、ロレックスコピー同8.2ポイント上昇する見込みです。しかし、この増幅は去年より低いです。
もちろん、2022を見ると、年平均の複合増幅率は12.5%に達するため、今年の8.2%は一時的な「谷」にすぎない。
品类から见れば、スマートウオッチは今后も着用可能な设备の中で当然の「リーダー」であり、2022年のシェアは45%近くまで増加すると予想され、かなりの程度でリストバンドのシェアを夺うことができます。スマート腕時計の中では、アップルのウオッチは今後も堅調に推移しており、Google Wear OSも成長を維持しています。また、スマート衣料やピアスなどの見通しも高く、2022年までの複合成長率は最高54%に達した。


Scroll To Top