ロレックスブログ2020

腕時計はダイヤモンドレベルが高いので、高級ジュエリー腕時計が見られます。

この間、腕時計ロレックスコピー時計にダイヤモンドを入れることについて話していましたが、議論の焦点は「宝石に使うダイヤモンドのレベルが高いのか、それとも腕時計に使うダイヤモンドのレベルが高いのか」です。実はこの問題は議論する必要がないです。腕時計に使うダイヤモンドのレベルが高いに違いないです。腕時計とジュエリーの最も大きな違いは、腕時計は工業化製品に属しています。その時計の輪も、ベルトも、文字盤も、全部機械で図面の要求によって作られたものです。つまり、私達がよく言っている「一つの型に刻んだもの」です。刻んだ後は変えられなくなります。このサイズに合わせて宝石を選んで象眼しなければなりません。ダイヤモンドや宝石にも特に厳しいので、0?0ミリぐらいは入れられないかもしれません。
だから腕時計の中で使うダイヤモンドは、一つ一つの台の大きさ、厚さ、切断角度は厳格に基準を守らなければなりません。高級宝石の中で使うダイヤモンドと違って、手で金属の部分を調節できます。しかし、ジュエリーウォッチの調整ができません。時計の輪が調整されてからそろわなくなり、文字盤が調整されると変形して、針が詰まったり、平らにならなくなったりして、美観に影響して、ムーブメントの運行に邪魔になります。
また、高級なジュエリーほど、中のダイヤモンドは少なく同じ平面にはめ込まれていますので、ランクや規格があまり統一されていないダイヤモンドを使うことができます。しかし、ジュエリーウォッチにとっては、純度があまり高くないダイヤモンドがあります。中に綿が割れているようなものがあります。汚れが一目で分かります。またカットと色の不統一も明らかで、全体のカラー効果に影響を与えます。したがって、腕時計はダイヤモンドの中のトップクラスを使用する必要があります。その平均基準は、色がG色以上に達する必要があります。百達の翡翠のように、ロレックス、愛の彼の時計工場の要求のダイヤモンドのレベルはまだ高くて、純度の1項はIF級(絶対的な瑕疵の級がありません)を達成しなければならなくて、ダイヤモンドの意外な宝石の種類に至っても同様に厳格な標準を守らなければなりません。


Scroll To Top