ロレックスブログ2020

アルマーニの腕時計の芯はどうやって取り出しますか?

アルマーニの腕時計の芯はどうやって取り出しますか?今日に至るまで、アルマーニの業務はすでに百以上の国に及んでいます。しかし、アルマーニの腕時計についてはよく知らない人が多いです。アルマーニの腕時計を持っていたら、どうやってアルマーニの芯を取り出しますか?
アルマーニの腕時計の芯はどうやって取り出しますか?腕時計を開けて表の芯を取り出す場合、通常は2つの状況があります。
(1)表の後カバーの方向から取り出します。
(2)表ガラスの方向から取り出します。ほとんどの腕時計は表の後ろカバーの方向からムーブメントの芯を取り出すもので、後のケースはよく文字盤の直径が大きすぎて、表の後ろカバーの直径が小さいためです。ケースの構造も二重連結と三重連結に分けられています。いわゆる二重連結とは、ケースとカバーだけです。いわゆる三重連結とは、ケースとカバーのほかに、ケースの前輪もあります。ケースの前輪は通常、締めたり、ねじで締めたりします。このように設計されています。方向にムーブメントを取り出して、もちろん外観のために装飾する必要があります。
アルマーニの名表のムーブメントを取り出す方法は、空気を入れることです。小さい筒を使って、空気の口を腕時計のチューブに当てます。(この時、時計はもう外されましたが、時計はまた密封されました。)力を入れてケースに入れて、空気を入れると、ガラスは圧縮された空気に突き落とされます。「飛行機は吹いているのではなく、列車は追いかけているのではない」ということわざがありますが、時計の芯を開けて取り出すとブローする必要があります。自転車に空気を入れるのと同じです。珍しいでしょう。
アルマーニの腕時計の芯を取り出す方法は今はLONGINES嘉嵐シリーズの腕時計だけではなく、このようにムーブメントの芯を取っています。TISSOTのもあります。他のブランドの腕時計も見たことがあります。面倒くさいと言っても、時計の柄頭管を傷つけたり、特にK金のケースの腕時計はガラスで密封されたナイロンの輪があります。ムーブメントをもう一度押して戻します。もちろん専用の小さい筒がなくてもこの仕事はできません。また、腕時計の空気が抜けて密封されていないものもいけません。


Scroll To Top