ロレックスブログ2020

中端腕時計市場における国産ブランドの集団失語

金融危機の影響で腕時計業界は昨年、欧州、米、日などの伝統的な市場に大きな影響を受けましたが、ティソの世界販売副社長のフェヒ博士は、去年の4%の成長を懸念していませんでした。新興市場の中国の潜在力は彼が危機に臨んで乱れない重要な原因です。
腕時計業界のアナリスト、宋志陽さんによると、経済発展に伴って、中国人の消費能力と品位は絶えず高まっており、腕時計に対する要求もますます高くなっているという。調査によると、現在の中国大陸市場では、国産と輸入の腕時計ブランドは約200個あり、そのうち輸入ブランドは60個以上あり、オメガ、レーダー、ロンジン、ロレックス、ティソ、帝舵、梅、イギリス、シチズンなどが含まれています。これらの輸入ブランドは中端の腕時計市場で強い競争を見せています。国産の腕時計は腕が薄く見える。中端腕時計は時計市場の40%の売り上げを集めていると分析しています。スイス以外の欧米や日韓、香港の時計メーカーの多くは中端に位置しています。国産の時計は飛亜達、ロッシーニ、カモメなどのメーカーの一部の製品だけが中端市場に入っています。
商務部からの資料によると、現在、中国の時計の生産量はすでに世界市場の80%を占めています。輸出総額は20億ドルぐらいで、世界市場の10%だけを占めています。国内市場では国産腕時計は70%のシェアを占めていますが、販売収入は市場売上高の30%だけを占めています。「中国の時計の生産量は世界一ですが、中国企業とブランドの歴史は短く、国際市場での信用度と影響力は極めて低いです。中高級市場では、短期間で国産ブランドは輸入腕時計と競争しにくいです。宋志陽は分析して言います。


Scroll To Top