ロレックスブログ2020

ラグジュアリーなメンズウォッチ「ブルガリ オクト」誕生

ヨーロッパやアジアで古代から数々のシンボルや意味をもつとされる八角形をモチーフにデザインされた「ブルガリ オクト」。ラウンド型ベゼルによって大胆に縁取られたコンテンポラリーなその容姿は、従来のメンズウォッチ像を打ち砕くブルガリの新機軸タイムピースだ。

時計の力強さと厳然としたパワーを表現する輪郭、そして厳格なラインをもつ「ブルガリ オクト」のケースは110のパーツから成り、手作業によって丁寧に仕上げられた。新作モデルではオクトシリーズの機能とマッチする伝統的な3針&デイト表示を擁し、インハウスで製作されたエレガントなブラックラッカーとポリッシュ仕上げのダイヤルがシンプルさを際立たせる。

もちろん内包されるムーブメントも、その完成されたデザインにふさわしい優れた性能を発揮する。自動巻きのキャリバーBVL193は、ボールベアリング式の片方向回転スウィンギングウェイトにより、ゼンマイを自動的に巻き上げる方式を採用。長く安定した精度を保証するため、ふたつの香箱(ツインバレル)が備えられた。


Scroll To Top