ロレックスブログ2020

腕時計によくある故障の判断は腕時計の不正確な原因分析をもたらします。

多くの時計を身につけている友達が「腕時計はそんなにまめに手入れしなくてもいいです。時計を買う時、「宣伝」という5年ぐらいのメンテナンスはお金を稼ぐためのお手入れにほかならないです。」実は、機械の時計であれ、石英の時計であれ、長く身につけておくと、メンテナンスがおろそかになります。機械の時計に対して、誤差は避けられないので、歩く時の最も精密な機械時計がロレックスの一日のように歩く時もプラス6マイナス4秒を許可します。
普通のクオーツの誤差は一ヶ月に20秒ぐらいです。高級クオーツの時計は一年の誤差の15秒以内にできます。よくあるマシンウォッチは一日の誤差がプラス30秒以内で、これらの基準を超えたら、腕時計に問題があると説明しますが、腕時計はいったい何か故障があって、腕時計の故障を引き起こしますか?今日はよくある故障分析をまとめます。
輪の英語はBalance Wheelで、以来揺れ動くという意味です。Balanceサイクリングは腕時計の内部にあります。機械部品の名前です。回転する軸のあるアームの輪からなります。中には螺旋状のフィラメントがあります。サイクリング、フィラメントなどが共同で機心の調速器を構成しており、時計の走行時に決定的な影響があります。


Scroll To Top