ロレックスブログ2020

積み立て時計が登場する(RED)チャリティーオークション

世界的なデザイナー、ジョナソン・イフ・ジャズ(Sir Jonathan Iヴ)とマーク・ニューソンは、有名なミュージシャンや慈善家のボノ(Bono)とのコラボで、「(RED)チャリティーオークション」「(RED)AUCTON」を共同で開催し、完璧なデザインと革新的な精神を兼ね備えた作品で誕生した。(RED)チャリティーオークションでは、ジョナソンとマークが自ら選ばれたり、2人が競売をしたり、2人の積み上げ時計が含まれています。その中に2つの積家時計が含まれています。積み木のA tms 561 by Marc Nhwson空気時計、時計の上の指針と月表示は特に今回(RED)チャリティー撮影会が赤色になります。もう1金は特別にカスタマイズされた赤色の表盤Meovox Trvox Trebte to Dek Seaの深海です伝奇は腕時計で、表殻の裏には「(RED)」のマークが刻まれている。
ジョナソンとマークは1年半の計画を使って参加した作品を選んで、作品の種類は多様で、性能は様々で、宇宙旅行のシリーズ、照明の設計、現代芸術からまれな自動車のシリーズまで、すべての作品はすべて革新的で独特で、優れている。チャリティーオークションは、2013年11月23日にニューヨークのソレビオークション行(SoshBy)で行われ、収益金はエイズ、結核、マラリアに対抗する世界の基金に寄付される。
マーク・ニューソンは「今回のイベントを企画して、私たちが好きなものを選んで時間と空間を乗り越えていく作品を選んで、私とジョニーとは奇妙な旅のようです。」それぞれの作品とそれらの制作過程はすべて豊かな人文価値を伝えている。そのため、人文情懐を抱いてそれらを競売して、可能な限り多くの資金を集めて、人々の今の生活を助けることができます。
キャリアのグローバル総裁、瑞亜徳(Daniel Rieo)さんも、「蓄積している国際的な活動に参加することができて光栄です」(RED)チャリティーオークションが2006年からずっと奮闘するチャリティーを目指している。設計界2人の認可を得て、積家の2つのマーク的な時計の精品を新たに再解釈し、積家の工坊の創造性と卓越した製表技術を発揚することができてとてもうれしいです。


Scroll To Top