ロレックスブログ2020

今年の主役は伝説の角型時計「レベルソ」 薄型モデルをはじめ多彩な記念モデルが登場。

今回の新作のなかでメインとなったのはブランドを代表するモデル「レベルソ」。1931年にポロ競技の愛好家だったイギリス人将校の「競技中でも着けられる腕時計を」という求めに応じ開発された、風防を衝撃から守るための反転式の角型ケースを備えた歴史的な定番である。その「レベルソ」に、今年はメンズ&レディスともに超薄型モデルがはじめて登場。ドレッシーかつエレガントな要素をことさら強めたコレクションとなった。

時計愛好家にとっては、ユニークなシャッターをもつレベルソ・ミニッツリピーターモデルや、1931年のファーストモデルを夜光インデックスのカラーまで忠実に再現した復刻モデルも見逃せないだろう。

またSSモデルは比較的手頃な価格設定で登場しており、今後も注目度を高めそうだ。

ジャガー・ルクルト|Jaeger-LeCoultre 01
グランド・レベルソ・ウルトラスリム
史上もっともエレガントな「レベルソ」

「美の方程式」黄金比に基づいてサイズを拡大した新型ケースに、薄型ムーブメントを搭載することで、レベルソ史上かつてない大きな存在感と優雅な着け心地を実現した、レベルソ初の超薄型モデル。ケースだけでも50個以上のパーツを使っていたり、より優れた視認性と洗練された「顔」を実現するために文字盤にあたらしい縦縞ギョーシェをほどこしていたり、針にブルーイング仕上げを採用しているなど、ディテールの仕上げも大きな魅力だ。


Scroll To Top