ロレックスブログ2020

明月はいつかあるから,酒を月相に聞く

朗格1815シリーズ23 8.032
一般的には、月相機能を持つ時計で、月相盤は通常6時位から表盤中央の間に位置する。他にもいくつかの表盤の中には偏心な表盤のデザインが存在していて、この時の月相盤の設置位置は設計によって変更されます。朗格月相は、その経典の表盤設計、豪華な位置と極負の盛名の品質でよく知られている。この1匹の朗格の1815シリーズの28.032腕時計は1815シリーズの経典の設計を継承します。6時位の月相盤は青を底にして、金色の「月」が2枚の雲の中に隠れていて、針のデザインは同様に金色で統一されます。小さな月の流れの中で、「星の少し」が青い「夜空」にきらめいている。月に浮かぶ「月」は、日付の表示によって位置を変え、その機能の設置も、日常生活の楽しみをもたらす。

宝石経典シリーズ665 – 11 13 – 55 B
一番の特徴は、月相盤のかわいい顔です。そばに向かう小さな目を斜めにして、皿全体により多くの怒りを増した。他の表盤の月相表示盤とは異なり、このBBPPKシリーズ665 – 11 13 – 55 B腕時計の月相表示盤が半月形となっている。同じように、月相盤は6時位に設置され、「人の顔」の両側にはそれぞれ星が点在している。「雲」は銀色の表盤と一体となるデザインを採用している。それだけではなく、この銀色の表盤の全体設計は、青い月相盤と一緒に、銀河の中を流れる青の着物と同じである。ふと今夜の月の光を見上げるようになりましたね。


Scroll To Top