ロレックスブログ2020

すべては設計と時間の間の関係が源になっている

モベイ博物館の表盤の起源は、1919年にドイツのバウハウス学院派の芸術家によって働きかけたデザイン。その学派の精髄は「簡素、エレガント、実用」であるが、内森・ジョージ・ホルテルは、アメリカからの芸術家として、この精髄を極致に発揮し、モベロ博物館シリーズは、最もバウハウス風を体現する作品とされている。

「博物館」シリーズの由来は、1960年にニューヨーク現代芸術博物館で内森・ジョージ・ホルテの表盤設計を永久の秘蔵として選ばれ、史上初となっています。

モベイ博物館70周年特別記念シリーズの腕時計は40ミリの超薄型のPVDメッキステンレスの表殻を採用し、厚さは6.3 mm。

モベイ博物館シリーズ70周年記念腕時計は、黒の表盤が金色の平面の円点を飾り、簡素な棒の針、針の選択に合わせて、2針の設計を続け、秒針を簡素化し、全体がより簡素に見える。12時位の金色の平面の円点は、正午の太陽の位置を象徴しているが、針は立ち止まることのない地球で、簡素な設計には簡単な意味が隠されている。この時計は石英のコアを採用しているため、表殻の厚さは6.3ミリにわたって抑えられている。このように人は身をつけていると、腕の重さを感じません。


Scroll To Top