ロレックスブログ2020

冬の雰囲気を持つ「女神級」腕時計

もうすぐクリスマスですが、祝日の雰囲気はますます濃くなってきましたが、最近では女性時計についての問題が急に増えてきました。女性表については、普段はあまり話していませんが、今の腕時計市場はやはり男性を中心にしているので、男性の時計はやはり多いのですが、年末になると、祝日がひとつ続いて、贈り物をしたいという男性が注意しました。

今回は、ゲーラソディのオリジナルPanoシリーズから、ゲーラソディのオリジナルではないブランドで、ドイツ系のスタイル+自産メジが一番のセールスポイントとなっています。ただし、スタイルと朗格が重なっているため、価格は「平価版」のレベルまで低くはないので、3本目、4本目、または後の選択が多い。このブランドは国内では非常に爆発的ではないが、多くの時計が注目されている。今回ご紹介したこのPanoMtic Lunaの偏心な月相さんの腕時計は、顔が高く、デザインが美しくて機械工芸の優れた時計です。

PanoMtic Lunaの腕時計のデザインはドイツのSF映画「Woman in the Moon」から来て、月をもって女性を代表するという。しかし、パールベナの表盤を投げてみると、光の線から言えば、表盤のデザインや企画は徳系腕時計の一貫した風格を保っていたが、細部の処理に非常に心を込めて、淡いブルーのパールベナ盤に、ダイヤモンドの飾り付けを加えて、その腕時計を上品にし、この淡いブルーが腕時計に静謐な気質をもたらしている。仏冬の雪の女王。


Scroll To Top