ロレックスブログ2020

タイガー豪雅と日本の有名なデザイナーの藤原さんが、コラボリストを発売!

濃い黒の表盤、夜の光の時に落札して、稲妻のマーク――1項の特版のタイガーの上品なカレの腕時計、転覆性の潮の牌のフロンジャーの有名なデザイナーで創立者の藤原さんが改めて解釈します。
日本の流行ゴッドファーザー藤原ホ. jpg
このほど、豪雅と日本のデザイナーの藤原ホさんのコラボレーションが正式に公開されました。藤原さんは、1963年のオリジナル表を選んで、その基礎の上にフラワースタイルの大家級作品を変幻した。「タイガー豪雅の現在のシリーズには、思わぬ設計要素が注がれている」。藤原さんは「新しい腕時計がないと思っていましたが、私は間違いないでしょう」と話しています。
この特別版のタイガー豪雅カレラシリーズHeuer 02フロートHiro弱の腕時計は、39ミリのステンレスの殻を採用し、黒の表盤には白塗りの針が3つあり、3点位と9時位はそれぞれ分と時間のタイマーで、6時位は小秒盤。米色の刻度と米色メッキの時の針はいずれも夜光塗料を塗っています。表盤には銀色の内輪が付いており、表盤12点が藤原さんのマーク的な稲妻のロゴを増やしたほか、4 – 5点には「Famames」と書かれている。
内装ブランドの自家製Calbre Heuer 02自動機軸を搭載し、特製の精鋼旋入式のサファイアの底にも稲妻のマークがあり、限定番号が刻まれている。


Scroll To Top