ロレックスブログ2020

Pre- SHH 2019:アテネの表新金42ミリ潜水表の価格は更に友好的である

このほど、アテネ表には新たな42ミリの鉄殻ダイビング表が発売され、予熱2019 SHHジュネーヴの高級時計展の新品として発表された。これまで発売されていた44ミリプラネードダイビングシリーズと、2014年のダイビング表と比べて、よりシンプルな表盤デザインと、より小さいサイズのもの。
表盤には、秒盤、動蔵表示、泡目がキャンセルされ、大3針と普通のカレンダーに変更されました。カレンダー表示の上には、アテネ表の発祥地力ロックの経緯度である。その中には、「BLUEショップ」とオレンジのサメの柄の代わりに300匹限定で発売された。価格は6 , 800スイング、約47 , 400元。
機軸を持つと、2014年のダイビング表が使用されているのは、RA 292のO – 26に基づいて、天文台の潜水表は自産の天文台機軸O – 112を使用しているが、新金は816で、SW 300に変更された自動ブレスレットを使っている。海外の機軸販売店のスティーブTimeのオファーによると、SW 300は279ドル、売上高は28 A 2 A 2で350ドルです。ココアのコスト、サイズ、ディスクの3つの「簡素化」によって、この商品の価格もかなり下がっています。その中のベルト金と織布帯の価格は5800スイング、約40 , 450元で、2014年に比べて8500ドルと天文台の潜水表の一般的な63 , 000元の定価は、確かに少なくありません。


Scroll To Top