ロレックスブログ2020

その時、鳥の三人は、広大な砂丘の上で、自由に飛翔した。

今日は、アラブ首長国連邦を確立したベイ氏の足跡を追って、広大な国の丘の縦横の砂漠を歩いた。「はやぶさ」の報時鳥三問表は1枚限定で、47ミリの直径の白金の殻を装備し、表盤に彫刻や絵画工芸で真珠の母貝、黄金と金の素材を組み合わせ、完全に人手によって作られた砂漠の景像を呈している。

 
このシーンは、数千年にわたって伝承されていた馴れやぶさを描く。この技は2012年、第1項の新聞時に鳥三問表(Birdリピーター)の面世の年に、ユネスコの非物質文化遺産に登録された。クロークはアラブ首長国連邦の名実の国宝である。4000年以上も、貝督者は砂漠狩りの道具である。タカはやぶさは、アラブ首長国連邦国家の個性と輝かしい伝統の重要な要素であり、その文化の核心の象徴である。クロークはアラブ首長国連邦の紋章で、今もお金の上にある。今日になっては、はやぶさが推賞された活動で、はやぶさと主人との間で非常に親密な関係を築こうとする。

 
表盤の近景には、タカ隼人と、人の手の彫刻や描かれた紅金鳥の巣の中にある両頭のはやぶさが現れている。その1頭が雛に餌を与え、もう一つは翼を広げ、繊細な色を見せていた。鳥の巣の中央に、ひやぶさが殻を破って出てきた。

 
アークドロ(Jaacet Droz)は、遠景には、白衣を身につけた親子の姿を描く。矢印の左側には真珠の雌貝の円盤があり、砂丘とは対照的なものがあります。円盤は瞬く間に消え去った蜃気楼のように黄砂の上を漂っていた。近づくほど、遠く離れて、まるで蜃気景のようだ。金母貝の空には、手に彫られた黄金の砂丘が、砂丘が輝いている部分が、丘の連動を再現している。


Scroll To Top