ロレックスブログ2020

チャーチルと、その一生を伴った宝玉ノー? 765

イギリスの温スター・チャーチルは、1928年に宝玉に乗って腕時計を選んでいたが、1枚の番号である765の宝玉腕時計は、その生涯を伴っていた。この非凡なカウントダウンは、3つの問答時と飛ぶ秒針機能を備えている。チャーチルは何度もそれを宝玉の保養に戻したが、その鐘の愛は言うまでもない。偉大な政治家と演唱者として、チャーチルは政治的な才能を目撃している。今回のイベントの本には、チャーチルの手書きの真跡や現場演説のオーディオ資料が展示されている。興味深いことに、展覧会ではラジオを本の中に象眼し、来賓は軽く押して対応するボタンを押すだけで、チャーチルの偉大な演説を聞いて、政治のリーダーの勢いと偉大な胸の胸を感じる。


Scroll To Top