ロレックスブログ2020

まるで雀のように鳥が鳴いていたかのようにヤクドロが報われる。

過去を振り返ると、鳥鳴鐘のデザインは、17世紀にヨーロッパの貴族の中で非常に盛んな訓練鳥の歌を歌うことに由来しています。最初のやり方は、八音箱を通してスズメの鳴き声を模擬していたが、声を出してはまったく話をしない。このような状況は18世紀の中葉まで続いていたが、その時、ピエール・アークドロは「スライディング」という装置を出していたが、その装置を通じて、鳥鳴の真実度だけでなく大幅に上昇した。これにより、機械的な方式でスズキの構想を全面的にシミュレーションすることが可能になりました。その時、鳥の鳴鐘はピエール?アークドロの引き取りで、時代の主流となった。

 
そして歳月の中で、ピエール・アークドロは「スライディング」の装置を基にして、音楽報の時に金糸雀、チンピラの鐘、鳥かごの鐘、銅メッキをつけて枝雀の鐘などを使い、人口に膾炙している作品を作った。これらの時計は複雑で精巧な機械で独自の工夫を凝らした工芸で、時計の発展史に濃い色の一筆を残した。しかし、残念なことに、多くの理由で、この類の作品は今では基本的に「姿を消した」ということで、わずかな数件も各博物館に収蔵され、一般の人が見てみたいと思っているのは容易ではありません。


Scroll To Top