ロレックスブログ2020

「武士単に時腕時計を聞いて」双雄対決

製表の優れた技術で知られるスイスのアテネ表は、新聞の時報機能やイベント人形の装置を再結合し、「武士が時腕時計を聞く」と発表した。アテネ表の職人たちが日本版で伝奇武士の宮本武蔵と佐々木小次郎(Sasaki Kojiro)の有名な決闘を見せた。アテネ表は世界各地で特色のある文化物語を腕時計のデザインとして探していたが、今回は日本民間に伝えられた有名な武士の対決にヒントを与え、「武士が時計の腕時計を聞く」という新作の新作を発表した。

アテネ表「サムライ単問答時計」には、ユニバーサルの自動上のチェーンコアを搭載しており、腕時計は整点や半点を越えて自鳴する場合もある。時報システムが起動するたびに、盤面の武士――活動人形は剣を使って決闘する。表盤の左側、一長一短の両刀を手にしたのは17世紀に有名な日本の武士の宮本武蔵で、彼は一生に六十余場を決闘した。表盤に細かく彫ったデザインは、2人が岩流島での有名な決闘である。宮本武蔵は立派な謀略家で、わざと船に乗って遅くなって、久しぶりに待っていた佐々木小次郎の心を落ち着かせ、最後に相手を破って一躍有名になったと伝えられている。


Scroll To Top