ロレックスブログ2020

京東網購入腕時計の返品は、購入者の疑惑系の修復

このほど、客夏女史は、京東自営店で5899元の波の腕時計を購入し、パッケージを開いているという情報が印刷されたものを発見した。これに対し、京東さんは、他の顧客に返品されたもので、供給先では磨損や修理の記録がないという検査を受けて、新品をつないで販売しています。
夏の女性は、5月26日に京東商城自営店でこの波の腕時計を購入し、5月29日に入荷した後、時計の包装についての修復情報を発見したという。夏子さんが提供した「広州時計アフター受信書」によると、購入時間は4月1日、京東は4月2日となる。「故障説明」とは、「配達時のラベルが引き裂かれ、ベルトが磨耗している」、「備考」は「新しい/修理/返品・返品」です。また、「入大庫証明」の1枚が「ココア」を表示します。
昨日、京東作業員は、販売時にこの時計系の新商品を確認したと発表しました。調べによると、お客様が時計を購入して、別のお客さんが購入した後に、「7日は理由がない」として戻ってきた。その後、京東は流れに従って供給先を返却し、供給先の検査でその時計が磨耗していないことを証明した。供給先には「新品証明」が出ている。
「アフター受信単」では、「届けたときのラベルが引き裂かれ、それに磨耗した」と書かれている前に、お客様が返品申請に提出した場合に提供された返品の原因については、検査を経て、バンドが磨耗していないことを確認した。「入庫証明」は、腕時計が新品であると認定した後、再入庫可能な内部工作一拠となる。
京都のスタッフによると、2つの内部仕事の流れは、従業員がうっかりして商品の包装に残っていることによって、お客様に誤解や困惑、悪い感じを与えてくれたことを深くお詫び申し上げます。目下,彼らは積極的に客としている
理解を得ることを努力する。また、京東はお客様の満足を原則とし、返品と同時に一定の補償を与えます。具体的な内容は双方とも協議中です。


Scroll To Top