ロレックスブログ2020

香港理大連手万表網が穂に白書を発表

白書は、経済の発展、社会消費構造の転換によって、ネットワークを通じて時計を高速成長し、その中でネットで輸入腕時計が主流になっていると指摘した。
港理工大調研のデータによると、男性は腕時計消費の主力軍で、80 & 90後はすでに腕時計消費の中堅の力となり、50 %以上を占めている。35歳以下の腕時計愛好家は80 %程度を占めている。
消費能力によると、25~30代のお客様は1000- 000元の消費意欲が強く、30~50歳の消費能力が最も強く、男性はブランドを重視し、女性はデザインデザインを重視している。このうち、自動機械類の時計は、65.2 %の割合で、最も受け入れられている。
ネット上で表消費主力列の上位は北京、広州、上海、深圳、成都、中枠ブランドの消費者は58.2 %だった。


Scroll To Top